猫が好きでもいいじゃない

トライクに乗り始めたのでブログを書こうかと・・・

どのバッテーリーを買えばよいのやら

バッテリーの表記の事は前回までの記事の内容でほとんど判断できるようになってると思うんです。

ただここでもう一歩踏み出せない、躊躇する事柄があったんです。

色々調べていくうえで、信頼できるお店信頼できるお店で
バッテリーや充電器を購入するようにと言われてるんですよね。

もちろんそういうお店(WEB含む)で購入する方が良いんですが、
なんでかって話なんです。

簡単に言うとクローン品と言われるいわゆるパチモン
混ざっていることがあるかららしいんですよね。

クローン品(ここからはあえてパチモンと言いますが)がダメと言われるのは
表示通りの電圧や電流が取り出せないなど、事故に直結する可能性があるんですよね。
さらに、疑い始めたら電圧、電流だけでなく本当にIMRなのかという疑問も出てくると思うんですよ。

そんでもって一番問題なのは店舗側が正規品だと思い入荷したものが
パチモンの可能性もあるらしい
これが一番怖い!!!


まぁ、パチモンなんで電池だけでなく、充電器でもクローン品があるらしいんですよ。
充電器に限らずアトマイザーとかMODとかもあるんでしょうけど。

でもですよ、充電器も信用できないとなるともうお手上げ。
電池がパチモンでも、電圧とかが表示される充電器なら、
あまりにもひどいものは充電中にわかると思うんですよ。
でも、充電器もひどいものなら何を信じてよいのやら(TT)

色々書きましたが、
なので信頼できるお店での購入が推奨されているってことですよね。

じゃあお店教えろよって話になるんですが、自分で探してもらうしかないってのが
現状だと思うんです。

IMRの電池なんてVAPE始めるまでは知らなかったですしね。

実際探そうとしても結局はVAPEの取り扱いのあるお店でしか
見つけられなかったですから。

色々信頼できると言われているお店では、
まあ皆さんが集まるのかよく品切れ状態で購入できないことが多い気がします。
あえて、個人的に購入しているサイトはVAPE POWERさん
勝手にリンク貼って怒られるかな?
まぁ、怒られたら削除します。
楽天とかにも店舗があるのでありがたい。

なんで、ここで購入することにしたのかですが、
、JBRCの会員企業ってこととPSEマーク付で検査済みなのも安心材料です。
まぁ結論は自分で安心して購入できる店舗(WEB含む)で購入するってことですね^^

そんなこと気にしなくても、
クローン品でもかまわねーって人はそもそもこんなこと考えなくてもOK!
だし、そんな人には近寄りたくないですけどね。

なんて、色々書きましたが、書いてある環境は理想的な環境です。、
私も最初は充電器を買っていなかったですし、、電池も一本でしたなのでMODで充電してたしね。

まあ、結局のところ自己責任ってことになっちゃうので、事故が怖い人は、
内臓バッテリーのMODを購入してください。
それも携帯とかといっしょなので、完全に安全ってことはなくて、
異常にに熱を持ってるなと思ったら使用は控えるとかの対応は必要になりますけどね。
そこは携帯やパソコンと一緒です。


内臓バッテリーはいくらMODがお気に入りでも
バッテリーがダメになっちゃうと買い換えないといけないんですよね。
製造が終わってたら同じものは買えないし^^;
って考えるとバッテリーが別のものの方が長持ちするのかも・・・

あと、基本的に僕はメカニカルMODは使ってないので、
テクニカルMODの使用前提で書いてますが、
・テクニカルMODが絶対安全!ってことはないってことも理解しておいてください。

テクニカルMODの場合は電子回路があり、
出力調整や電圧が落ちてくれば使用できなくなるなどはありますが、
メカニカルMODに比べれば安全というだけで、
最低限の知識は無いと危険な事には変わりなんですよね。

あと、バッテリーのことをつらつらと書いてきたので、
ついでと言っては何ですが、もうちょっと書いておきます。

電池の被膜の話なんですけど、はがしちゃダメ絶対!
絶縁になっているので、落下やMODへの挿入時など
物理的に傷がついたバッテリーは新品でも使用しないでください。
自分が気づかない間に傷がついていることもあるので、
充電の際など自分で決めたタイミングで傷のチェックも行うルーティーンにしてしまいましょう。

あとは、過充電だけじゃなく
過放電にも注意が必要です。

テクニカルMODで使用できる最後まで電池を使用しても、
完全に空になっているわけじゃないんです。
ある程度まで取り出せる電圧が下がると、安全装置により使用できなくなるってことで、
電池残量の表示は、この使用できなくなるまでの目安の表示なんです。
使用できなくなった電池を電圧などの表示機能のある充電器にセットすると、
3.5V程度の電圧が残っているはずです。
これ以下ってことはないですが、電圧が下がりすぎると、
充電できなくなり以後は使用できなくなるらしいです。
らしいってのはそこまで放電したことがないんで・・・

もちろん3.5Vは安全マージンを取った数値なので、
使用できなくなるまで(low batteryなどの表示が出るまで)使用することに問題はないはずです。
ただ、使用後はそのまま電池を放置せずに充電して満充電の状態で電池は保管してください。
使用後、充電せずに放置しすぎると、安全マージン以上に電圧が下がり電池が使用できなくなります。

最後は、充電器のことですかね。
内臓バッテリーのMODはもちろん不可能だですが、、
バッテリーは専用の充電器で充電するのが望ましいそうです。
可能であれば電圧などが表示されるもののほうが良いですね。

もちろん表示が無いものでも過充電防止の機能がある充電器であれば問題ないですが、
電池の劣化を見極めるのにも表示があるものの方が安心材料になりますよね。

携帯のバッテリーと同じで、電池は使用するたびに劣化していくので、
充電してもすぐに使用できなくなる等、異常を少しでも感じた場合はその電池の使用はやめましょう。

MODにUSB端子がついていて、MODで充電できるものも多いですが、
基本は専用の充電器で電池を充電したほうが良いみたいですよ。
外出先などで予備の電池もなくどうしても充電したい場合のみMODで充電するようにしましょう。

ってことで、なんと、三回連続でバッテリーのことばっかり書いてますね。

それだけ、よくわからなかったってことですけど、
安全に使いましょう!
ってことですね。

あと、ご存じ的にVAPE用語とか使ってしまってると思いますが、
不明な用語などはコメントいただければ随時アップしていこうかとおもいます。

まぁ、検索かければ詳しく書いている人がいっぱいいますけどね。^^;

ではでは、

スポンサーサイト



  1. 2018/05/18(金) 00:04:41|
  2. VAPE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バッテリーの続き

前回ようやくIMRバッテリーを選ばないといけないことと、
電池のサイズがわかるようになりました。

そんでようやく電池の性能の話に入っていきます。

まずは、携帯のバッテリー容量なんかでもおなじみのmAhです。
ミリアンペアアワーの事なんですが、数字が大きいほうが容量が大きい!
うん、これだけでよいですよね。

次にボルト数ですが、これはほとんどのIMRで
3.7Vと表記されてるものが多いんじゃないでしょうか?
実際はMAXのボルト数は4.2Vなんですよね。
バッテリーって満充電の時にはMAXのボルト数になるんですが、
使っていくうちに出力できるボルト数が減ってくるんですよね。
そこで、一番平均して(安定して?)長く出力される3.7Vって表記になってるらしいです。
なので、これも問題なく3.7Vってなってるもので問題ないですね。

ジャンジャン行きますが、次に取り上げるアンペア数は少し注意が必要です。
20Aとか表記されているやつです。
これなんですが、最大の数値なのか連続で使用できるアンペア数なのかが重要です!

一般的に20Aあればおよそ大丈夫という事が言われていますが、
ここでいう大丈夫なのは連続放電のことなんです。
メーカーにより連続放電が非公開のメーカーもあるので、
実証実験している方もおられるので、
そういうサイトなどで確認させてもらうのが一番早いですかね。
ショップによっては、メーカー非公開でも
連続放電のアンペアを表記してくれているところもあります。

つまり、
Max pulse discharge(最大パルス放電)が20Aでも
Max continuous discharge(最大連続放電)が10Aであれば
連続で放電できる10Aの方をアンペア数として考えてくださいね。
決して自分に都合よく最大の方を基準に考えないようにしてください。

さあ、バッテリー購入で最後ですが、MOD側の確認が必要ですが、
ほとんどのMODが使用するバッテリーはフラットトップになってます。

普通にコンビニなんかで売られている単三とか単四とかの電池のプラスの部分が
出っ張っているものはニップルトップというそうです。

VAPEの関連のお店で売られているバッテリーは
ほとんどがプラスの部分が出っ張っていない
フラットトップの電池のはずです。

自分なりに色々調べたんですが、形状の違い以外のことはいまいち不明なんですよね^^;
ニップルトップには過充電、過放電などのプロテクトがついているらしいってことなんですが、
これが本当であればテクニカルMODには使用できないそうです。
テクニカルMODの保護回路とバッティングしてうまく作動しなくなるそうです。
これは試してないので何とも言えませんが、
そもそもほとんどのMOD(ニップルトップと指定されているもの以外)は
フラットトップの電池を使用することを前提に設計されているので、
万が一ニップルトップを入手しても使えないんですけどね。

なんか、ここまでバッテリーのことを書きましたが、
こんな感じのことを調べてようやく自分なりに理解したうえで
購入できそうなところまできたつもりだったんですが、
まだまだハードルはあったんですよね(><)

ってことでバッテリーを購入するための表記を読み解くところまでは
まがりなりにもたどり着いたつもりだったんですが、
まだまだ購入に至らなかった話は次のブログで。

ではでは、

  1. 2018/05/14(月) 23:05:37|
  2. VAPE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バッテリーって難しい

唐突ですが皆さんはバッテリーのことってちゃんと理解してますか?

私はいまだによくわからんことも多いです^^;

ってことで前回購入したアトマイザイーがいまいち自分に合わなかったこともあり、
新しく買うなら、心機一転MODもバッテリーが別のものを、と思い
MODを調べているとほとんどのMODが18650バッテリー1本使用とか書いてある。

それなんやねんと思いながらもショップにはそのバッテリーのラインナップもあるんです。

でもですね、そこでふと思ったんです。
メーカーが違うのまでは理解できるんですが、同じメーカーでも複数種類があるんです。
サイズが一緒なのにですよ!

単三電池とかだとメーカーの違いはあっても単三電池じゃないですか!

よくわからないものは購入する気になれず、
それじゃあと思い調べてみることにしました。
これがまあ、なかなかに大変な作業だったんです。

ちなみに、今回の内容は自分なりに調べたうえで
自分なりの解釈が入っているので、完全にはうのみにしないでくださいね。


とりあえず簡単な話から
18650とかの数字は電池のサイズを表していて、単三とか、単四とかと同じ感じですかね。
直径が18mmで長さが650mmってことで、前の二桁が直径で、後ろの三桁が長さですね。
他の21700とかも直径が21mmで長さが700mmってことです。
サイズが近いからって流用はだめですよ。
まずはサイズを確認して電池サイズを選びましょう!

ってここからが問題なんですけど、
IMRとかの表記の話なんですが、よくIMRかINRを選んでくださいとか言われてますよね。
サイトによっては、IMR(リチウムマンガン電池)、INR(リチウムニッケル電池)なんて書かれてますが、
それだけで何が何だかわからない。
色々調べていく中で、ICRは絶対ダメって言われてますが、なんでダメなのかがわからない。
サイトによっては、ICRはリチウムイオンだからダメ!
リチウムイオン系の電池は危ないから使わないでなんて言ってるものもありましたよ。
でもね、そこで引っかかったんですが、
どこかのサイトで英語表記をちゃんと書いてあるものがあったんですが、
Iというのは全部リチウムイオンのことだった気がする。
さらに色々調べましたよ。
そこで、
リチウムイオン系の電池は危ないのでダメという話はおかしい!
これだけはわかりました。

ICR、IMR、INRは全てリチウムイオン系の二次電池で、二次電池とは充電可能電池の事です。
それぞれの電池の文字は頭文字をとったもので、
一文字目は全てIでLithium-ion(リチウムイオン)の事で、
三文字目のRはRechargeable(再充電)の事です。
問題は二文字目で、
二文字目のC、M、Rは正極(プラス)に使用されている素材の事でそれぞれ
Cobalt(コバルト)
Manganese(マンガン)
Nickel(ニッケル)
の頭文字だったんですねぇ。

じゃあ、なんでリチウムイオン電池がダメという話がでたのか?
色々調べたんですが、携帯電話や、パソコンなどのリチウムイオンバッテリーはほとんどがICRらしいです。
そこでパナソニックやサムスンなど大手のメーカーの
携帯電話や、パソコンで発火するなどの事故があったのでリチウムイオンが危ないという話になってるんだと思います。
もちろん運用を誤れば危ないんですけどね。
普通に生活していればコバルトだマンガンだなんてのは必要ないですからね。
リチウムイオンって危ないよね、って部分だけが残ってるんだと思います。
なので、同じリチウムイオンなのに、販売しているサイトなどの表記も
リチウムマンガンや、リチウムニッケルなどと表記をしているサイトが多い気がするんです。

これって実は誤解を解消していない危ないことだと思うんですよね。

話を戻して、正極の素材の話ですが、
なぜICRがダメなのか?
事故の原因の一つにもなっている、ミクロ単位の微量な鉄粉の混入などで
爆発、発火するなど熱暴走の危険があり、熱安定性が悪いことが一つ上げられる。
事故後も広く使われているが、バランスは良いものの、
高い電流を取り出せないのでVAPEでは使用ができないってことでしょうか?
まあ、通常の家庭用コンセントでも15Aですから、安定して20Aとかってかなりの電流ですけどね。

INRは、容量は一番大きいが、元々安全性に問題があり、
INRの派生としてNCA(ニッケル、コバルト、アルミニウム)がありニッケルの安全性を克服しているらしい。
最近車にも使われているらしいが基本はNCAらしい。
なので、そももそINRは安全に運用できないらしい。
INRとして売られているものがどうかNCAでありますように。

ということで一番熱安定性が高いIMRが電子タバコに向いているってことになるらしい。
というか、これ以上は製造者を信頼するしかない。って感じですね。

さらに、バッテリーを買ううえでいろんな表記がありますが、
そっちの方も触れていきたいんですが、
すでに長いうえに基本的にはつまらない話なんですよね。

ライトユーザーほど、ショップでサイズあってるのを買えば問題ないでしょ!
ってことになると思うんですが、
個人的にVAPEを始めるうえで、
まずは、ここをきちんと理解してからの方が
素直に楽しめると思うんですよね。

ってことで一番最初にバッテリーを買ううえで
わけがわからんけど、どうでもよいと思われる部分が
自分なりに解決できたところまでですが、バッテリーの話の続きは改めて。

ではでは、

  1. 2018/05/12(土) 23:06:06|
  2. VAPE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

温度管理MOD

色々VAPEのことを調べているうちに、
温度管理機能ってので、温度を上げずに運用すれば
プルームテックのタバコカプセルのもちも良くなるんじゃないかと考えました。

JUSTFOGのスターターキットも良いんですけど、
三段階ある出力調整の一番下じゃないとカプセルがすぐにダメになっちゃうんですよね。
一番下でもビシャビシャにはなるんですけどね。
(使ったことある人にはわかるはずwww)

ただ、考えてただけでホントにうまくいくかは全然わからないんですけどね。
まぁ、実際使ってみないと何ともわからないですよね。

そこで色々候補を考えてたんですが、
一番の条件としては持ち運びに支障がないことでした。

バッテリーも入ってるので、ある程度の重さは仕方ないと思うんですけど、
普段カバンなんかに入れて、おっきくないものが良かったんです。

iStick Picoとかが、売れてる感じでしたけど、
当時の僕からすると、なかなかの大きさなんですよね。
これをカバンに入れて持ち歩くのはなかなか難儀な感じでした。

ボテッとした形状も持ち運ぶ感じじゃなかったんですよね~^^;

あと、別の記事で書こうと思ってますが、
バッテリーの事がよくわかんなかったんですよね(><)
お店で売ってるのをとりあえず買っとけば大丈夫ってことなんでしょうけど、
よくわからないものを持ち歩くのって抵抗がありまして・・・

そこでとりあえずは内臓バッテリーのものを購入しようと考えました。

内臓バッテリーは取り換えができないんで、
バッテリーがダメになったらMOD自体が使えなくなることも分かったうえでです。
さらに、特にMODを持ってなかったんで、メイン機になるわけです。

でも、バッテリーが別のものはもう少しバッテリーのことが
わかってから買いなおそうと思いました。
ピンとくるMODもなかったですしね。

そんなこんなで購入したのが
JoyetechのeVic-Basic with CUBIS Pro Mini
-storage-emulated-0-SilentCameraSoft-1526048594502.jpg

EMILIと並べて撮りましたけど、かなりちっちゃいMODです。
もちろんアトマイザーも持ってないので、セットものです。

ただ、買ってからわかったんですけど、アトマイザーにも
漏れやすいとか、漏れにくいとかがあるらしい!!!

そこで、アトマイザーを追加でを買いました。
同じメーカーだしってことでCUBIS 2。

もちろん温度管理ができるコイルがあることも確認してます。

ただ、全然味が出ない(TT)

もうね、JUSTFOGの方が断然味がします。

漏れなかったですけどね、味がしない・・・

お前の使い方が悪いんじゃ!
ってツッコミを入れられても仕方ないと思いますが、
もう、自分とは合わない!

色々コイルを変えてみたりしましたけど、う~んって感じです。
コイルのジュースホールが小さいのか、
自分の使いたいリキッドがダメなのか、
とにかく、これは相性が悪かったんだと、
自分の気持ちに整理をつけましたよ。

MODは小さすぎるぐらい小さいので、特に問題はないんですけど、
もう、これはバッテリーのこととかちゃんと調べて
MODから買ってしまおうと、決意を新たにしました。

ってことで初めての相手(アトマイザーですよ)が
合わなかったことがより、VAPEのことを知ろうと思わせたのでした。

ってことで、次回はバッテリーのことですかね。

ではでは、

  1. 2018/05/11(金) 23:40:47|
  2. VAPE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もっと快適になる方法は?

プルームテックをより快適にってことで、
JUSTFOGのスターターキットを買った時にリキッドは
ベースリキッドで味の無いものを使ってたんです。

レッドクーラーのタバコカプセルをさしてたんで、
味なくても良いんじゃないかと思ってたんです。

でも、、、
プルームテックよりも出力が大きくて、ミストが多い環境だと、
カプセルに味がしなくなるんですよね^^;

そこでまず取り掛かったのが、フレーバーの付いたリキッドを
購入することでした。

レッドクーラーはアップルメンソールなんで、
アップル系のリキッドを探しました。

そんで、お店で試し吸いをして買ったのが、
スノフリのギガグリーンアップルでした。
DSC_0365.jpg

ただ、最初はタバコカプセルの方がメンソールやらが強いので、
全然味しないんですけどね。

後半からはほのかに香るようになります。
まぁ、タバコカプセルを通して吸ってるんで、そんなに強くは出ないですけどね。

そうこうしてるうちに全体的に物足りなくなってくるんですよね。
人間の欲って恐ろしい^^;

なんかもっと良いものがあるんじゃないかとVAPEについて色々調べ始めましたよ。

そこで気になったのが、温度管理機能!
もちろん温度管理に対応したものをそろえないといけないんですが、
気になったら欲しくなりますよね^^

ってことで次回はそのあたりのことを書いていこうかと思います。

ではでは、
  1. 2018/05/10(木) 23:35:06|
  2. VAPE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

 

訪問ありがとうございます



現在の閲覧者数:

プロフィール

竹内 藤真(とうま)

Author:竹内 藤真(とうま)
トライクに乗り始めたのでブログを書こうと思いましたが、とりあえず好きなものについて書いていこうと思います。
今は猫とトライクですが増えるのか減るのか・・・

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯サイトはこちら

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: